ホームページで集客する結婚相談所の検索キーワード集

キーワード戦略
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホームページで集客効果を上げたい結婚相談所

結婚相談所に限らず手軽なメディアとしてネット活用したい・活用するといったことは至極当然である。むやみやたらに宣伝しても結婚相談、結婚相談所への問い合わせは皆無に等しいのではないでしょうか。どんな悩みで、どんな検索キーワードで調べているかを知るかが第一歩となります。

地域+結婚相談、結婚相談所

地域を入れて検索することは、王道とでもいうべき当然の複合検索ワード。

どんな業種、ジャンルでも必ずユーザーは地域をいれるのです。

自宅に近い沿線、会社帰りに寄れる地域、ただし結婚相談となると自宅の最寄駅、職場近くは避けるのではと容易に推測される。この場合、大まかな地域で検索されているようだ。

例えば「渋谷」「埼玉」「池袋」といった具合。

結婚相談+悩み系キーワード

結婚相談に関する悩み系のキーワードでの検索が多い。

・結婚相談所+会えない
・結婚相談+クーリングオフ
・結婚相談+うまくいかない
・結婚相談+胡散臭い
・結婚相談+クレーム
・結婚相談+結婚できない

結婚相談に関する悩みで多いのが結婚相談に関する不信感
逆に、この不信感を払しょくする説明などを書くという事が1つの集客ポイントになると分析できる。

結婚相談+データー系

結婚相談+口コミなどのデーター系も多い。

・結婚相談所+成約率
・結婚相談所+口コミ
・結婚相談+交際期間
・結婚相談+金額
・結婚相談所+比較
・結婚相談所+婚活パーティー
・結婚相談所+成婚料
・結婚相談所+成婚率+20代

特に具体的な金額や成婚率などゴールまでのプロセスに関する疑問を検索しているように捉えられる。真摯に正直に記載するということが求められてわけです。すべて記載すということは競合の多いジャンルゆえの歯がゆさがあるかなと。しかし求める疑問に答える体制をとることが信頼獲得の課題と考えます。

結婚相談+条件系

結婚するなら自分にあった条件をクリアしたいのは共通の悩み。

・結婚相談+再婚
・結婚相談+外国人
・結婚相談+学歴
・結婚相談+顔写真
・結婚相談+業種
・結婚相談+源泉徴収票
・結構相談+在籍証明書

条件と共に疑う項目として、所得証明や本当に、その会社に在籍しているのか。

昨今、結婚詐欺に関するニュースも耳にする。

少なくとも簡単に利用できるようなマッチングアプリは避けるべきではないかと筆者は考える。

簡単=怪しいと考えるのが妥当なようだ。

まとめ

この「ホームページで集客する結婚相談所の検索キーワード集」を目にする方は業界人かと思うので、結婚に関する疑問や悩みは想像つくと考えます。考え方として絶えずユーザー目線で「どんな悩みで」「解決するには」を念頭にキーワードを散りばめたコンテンツを提供すれば問合せも増えてきます。QA方式で記事を構成すると見やすく、結婚という不安要素の問題点を解決できるので安心感を与えCTA(コールトゥアクション)に繋がります。

※CTAとは、日本語で言えば「行動喚起」。

たとえば、資料請求をしてもらうことが目的のサイトであれば、「いますぐ資料請求をする」「無料で3日以内に届く資料を取り寄せる」といったボタンで、ユーザーを資料請求ページへ誘導するのがCTAとなる。

タイトルとURLをコピーしました