アフィリエイトの関連語句でお宝キーワードと効果ないキーワード

キーワード戦略
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アフィリエイトをキーワードにするなら

アフィリエイトの美味しいキーワード

アフィリエイトのうんちくなどを記事ネタにするひとは多いですね。

かなりの関連語句がありますがピンポイントで攻略したい。

そんなあなたに

アフィリエイト」+「お宝関連語句」を

お教えしますよ

検索ボリュームがそこそこあり競合が少ない

※メインキーワード「アフィリエイト」

アフィリエイトの効果ないキーワード

さて、この「美味しくない」キーワード。

これが曲者なんですよ!

これは穴場と思っても実は競合が多い

つまり、このキーワードで作成された記事が多いということになるわけです。

それでは、

美味しくないキーワード

お宝じゃないキーワード

※メインのキーワード(アフィリエイト)は記載していません

ところでアフィリエイトは儲かるか?

記事ネタ、関連キーワードにもなる

アフィリエイトは儲かるか

儲かる?と聞かれれば儲かる

儲からない?と聞かれれば儲からない

どっちなんだ!

儲かるようになるには時間と費用が必要

短時間で楽しては稼げない

これが答えです

人間楽して稼ぎたいと思うひとは自分を含め山ほど

その心理を巧みにつく魑魅魍魎たちがあなたを狙う

情報商材やら塾やセミナー。。。

アフィリエイトやるなら「コツコツと」

以前から言ってます

キーワードを意識したライティング

文章の冒頭には記事の重要なキーワードを置く

記事冒頭には必ず、その記事のタイトルに関連するキーワードを含んだ文を置くようにしています。関係のない雑談から入ってしまうと、主題と中身がズレた文章と検索エンジン側に判断されてしまう可能性があるため。

文中には必ず他記事のリンクを置く

すべての記事に徹底できるわけではないですが、

文章の中には必ず

他の記事へのリンクを置くようにします。

最近の検索エンジンは滞在時間やリンクのクリック数などを複合的に判断して検索順位を決めている感があります。

SEO対策を意識しすぎない

全ての見出しにキーワードを入れたり、文中のキーワード頻出度をチェックし過度にキーワードを入れるのは時代遅れ。

自然で読みやすい文章を書くほうが

訪問者の滞在時間も

他の記事への移動も多くなるので効果的。

タイトルは32文字以内で勝負する

前半には、最も強調したい「自分の感情+話題になるワード」

後半には、誰をターゲットにしているか(何に興味を持っている人か?何に困っている人か?)

釣るエサとなる前半の16文字では、

感情表現で共感を呼び、

話題性のあるワードで気を惹きつける効果があるのです。

釣り針となる後半16文字では、

ターゲットを明示することで、

あなたが読むべき記事だと確信させる効果があるのです。

いくらタイトルが良くても

記事の内容、中身がなければ

意味ありませんので

よーく考えましょう!!

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました