英会話で集客したければ必見!集客効果が変わる関連語句はこれだ

キーワード戦略
スポンサーリンク
スポンサーリンク

英会話個人経営者必見!無駄な広告費をかけていませんか?

キーワードで難易度と広告費が変わる

言わずと知れたキーワード戦略。

単一のキーワードでGoogle広告(PPC広告ともいう)で上位表示を狙う場合、莫大な宣伝費用を払うことになる。

また、予算をさかなければ「英会話」での上位表示は無理というもの。

そこで大概は、

英会話」+「関連語句

という考えはどんなキーワードでも当たり前のこと。

ちなみに「英会話」の月間ボリュームはゆうに60,000を超える。

そして1クリック1,000円越え。

アフィリエイトに出稿しても競合は多いため成果報酬としても

それなりの報酬額を設定しなければアフィリエーターは見向きもしないだろう。

個人塾などを応援したいので個人塾経営者に教えたい情報です。

使ってはいけない関連語句

使いたいけど使ってはいけない。

「英会話」+「関連語句」

■英会話教室・・・英会話教室なら使いたいけどNG
■英会話オンライン・・・Web時代ですからね でもNG
■英会話おすすめ・・・検索ボリュームは下がるもののNG
■英会話無料・・・宣伝に利用される語句なのでNG
■英会話初心者・・・競合が多いですよNG
■英会話マンツーマン・・・ボリュームの割に競合多しNG
■英会話子供・・・ボリュームの割に競合多しNG

 英会話プラスはこれで勝負したい!

■英会話タイムトライアル・・・ボリューム多く競合少ない
■英会話フレーズ
■英会話英語
■英会話例文
英会話をメインとしたキーワードはどれも競合が多いです。
掘り下げていくと検索ボリュームが少なくても
競合が多いので
広告出稿時には費用が掛かります。
例えば
「英会話習得」
このキーワード
検索ボリュームが非常にすくない!
おそらく えっ?と思うひとがいるはず
ボリューム数は伏せますが
ボリューム数からの単価が尋常ではないですね。
英会話というキーワード独特の減少かもしれなですが
検索数と広告単価のバランスが
崩れていて
数値を把握していないと
集客が難しいです。
逆を言えば自分で把握することができれば
より良いキーワード戦略が可能になるということです。
Google広告に頼らずに上位表示できるようになるのが理想です。
そのためには、関連語句をうまく使った文章構成が重要になりますが、検索すると文章の書き方やひとを引き付けるコピーライティングなど学ぶことが可能です。
本屋にいけば結構いい本があります。
決してわけのわからないスクールやセミナー、情報商材などに手をださぬよう!!
タイトルとURLをコピーしました