整体院 対応悪いところ多いなぁ

整体院ビジネス

スポンサーリンク

整体院のビジネス

Web集客クリエーターの櫻井知哉です。
腰痛に悩まされています。
このような症状をお持ちの方は結構多いのではないでしょうか

接骨院や整骨院との違いは、国家資格である「柔道整復師」の資格を持たない人が民間機関で勉強し、例えばカイロプラクティクスなどを学び開業している事業者が○○○整体院や腰痛○○などの名称で事業をしています。

最大の違いは、健康保険が利用できない!

治療のすべては実費となります。

同じ国家資格でも針・灸は健康保険が基本的には使えません。

金銭的に高いので継続できない人が多いと言われています。

決して保険が適用されないから悪いということではありません。

しかし柔道整復師であれば3年間勉強し国家試験に合格できないと開業することはできません。勉強機関、試験とハードルが高いのですが、民間機関の資格はハードルが低く、語弊がありますが、脱サラ感覚で開業できてしまいます。事故が多いのも問題です。

整体院のビジネススキーム

20サイトほど整体院のサイトを見た感想ですが。
月に10名ほどまでは、新規に限りますが通常料金の半額ほどで集客している様子です。そして割引のある施術回数券を用意しています。もちろん悪いことではありません。各種サービス業が取り入れる一般的な戦略です。

整体院の看板はアチコチで見かけるしライバルの多い業種です。

近年、リザクレーションサロンや1時間のマッサージで2980円なども多いですから胸中穏やかではないでしょう。

対応の悪さにビックリ

実際筆者も腰が悪いので直したく、10件電話で確認しました。

※すべて初回は半額を謳っている整体院。

まず驚いたのが、口を揃えて1回では良くならないので定期的に通院できることが条件だと言われました。

もともと1回で良くなるとは思っていないですが、執拗に次回は3日後だとかいろいろ言われます。

なるほど1回来て次回きてもらわなければ初回の半額が意味ないわけです。つまり集客のためのディスカウント料金。

仕事の関係があるので、3日後だとか日程の確約は難しいと言うと「他にいってください」

え~~~

あまりにもあからさまな対応

10件電話して、すべて口調は別として、こんな感じでした。

普段、集客に関する仕事をしている身としては

有り得ない対応です!

すべてがこのような対応や体制ではないでしょうが気をつけましょう!!

最近では、整骨院や接骨院でも保険適応外の機械や治療もあります。

基本、保険の適応があるから気軽にいけるものだと思います。

もっとも痛くて行くわけですから。

いずれにしても特別な治療だとか施術だとか能書きには注意しましょう!

レントゲンがあるわけでもなく、MRIがあるわけではありません。

骨折の疑いのある痛みなら整形外科などを受診し、電気やマッサージで接骨院、整骨院などに行くのが賢明だと考えます。

伝家の宝刀のように「体が歪んでいる」とよく言われますが、歪みのない体のひとは皆無です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク