ランディングページ(LP)を成功させるポイント

ランディングページイメージ 集客のポイントを考える
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネット集客を成功させるために

集客する目的はそれぞれ。

・商品販売のための集客

・スクールやセミナーへの集客

・コンサルティング相談などへの集客

ブログを集客ツールとしてネット集客する場合は、ランディングページ(LP)からメールアドレスを登録してもらうことをゴールと考えます。

ネット集客=見込み客のメールアドレスの獲得

ということです。

これを達成するためのポイントを解説します。

LPへのアクセス数を増やすには

SEO対策

費用をかけず自分で行える方法に質の高い(お客が得と感じるコンテンツ提供)ブログ記事を継続的に書くという方法ですが、前回の記事の通り

【2019保存版】すぐに実行できる時短な集客方法

ブログ記事を厚くして集客するには時間がかかります。

ここはリスティング広告などで集客するのがおすすめ。

ネット広告

・リスティング広告

・Facebook広告

・アフィリエイト広告

【集客までのイメージ】
ネット広告からLPまで見込み客を誘導
    ↓
ネット広告を見た見込み客がLPを見る
    ↓
LPからメールアドレス等を登録(見込み客確保)

ランディングページからの成約率をあげるために

ランディングページからの成約率をあげるためには何に注意したらよいのでしょう。

注意しなければいけない要素を解説します。

わかりやすい・見やすい

成約率を上げるためには、

LP全体の「わかりやすい」「見やすい」

が重要となります。

★知りたい情報がどこにあるかすぐにわかる

★色使いがシンプルになっている。(3色程度)

★文字のみではなく画像が使われている

★文字のサイズが読みやすいサイズ

★スマホ対応のサイトになっている

見込み客の抱えている問題を解決できるか

何らかの動機があってひとはあなたのサイトに誘導されてきます。

その動機=悩み・欲しい・解決したいなど

以下のポイントをご自分のサービスに照らし合わせて考えてみましょう。

★見込み客が抱えている悩みは

★見込み客がすぐに解決したい問題は

★見込み客はどんな不満を抱えているのか

★見込み客の不満を解消するには

★見込み客のニーズは

★ニーズを満たすにはどうすれば良いのか

これ以外にもライバルとの差別化も併せて考えることが重要です。

スマホ対応の重要性

パソコン画面とスマホの画面、タブレット画面では、サイズが違うので、表示が変わります。

スマホ対応でない場合、スマホでサイトをみると文字や画像が小さく表示され見づらいサイトとなります。

これだけで

せっかくネット広告から誘導した見込み客

逃げてしまいます=広告費の無駄

当サイトもそうですがワードプレス(WordPress)で構築することを推奨します。

PCで見た場合、スマホで見た場合デバイスごとに最適化されたデザインで表示されます。

書籍もたくさん出版されていて初心者でもわかりやすいマニュアル本も多数存在します。

初心者向けの書籍を読んでも解らなければプロに依頼する。

難しいプログラムを学ぶ必要はありません。

挑戦することが大事。

ブログも継続して書いていく。

どこでも場所・時間問わず執筆することが可能です。

モバイルルーターの存在がプロの書き手を助けてくれています。

そんな環境を今では安価に利用することが可能。

過去記事で紹介していますので参考まで。

【1日百円ちょっと】WiMAX提供会社を選ぶならココ

タイトルとURLをコピーしました