【ライバルに差をつける】屋号で集客の効率アップができる

集客のポイントを考える
スポンサーリンク
スポンサーリンク

屋号は看板

事業しているということは必ず屋号がありますね。

山田太郎という屋号はないはず。

昔ながらで「山田太郎商店」などの名称はありますが。

インパクトのある名称が目を引くことは

どなたでも認識していることだと思います。

もしも、「全くインパクトも無いもの」

であれば、世の中で埋もれてしまう可能性が大きいのです。

集客効率を上げるために思い切って変更しませんか?

思い切って「屋号」を見込み客となる問題点を

解決できる・できそうな屋号に変更してみませんか。

解決できる・できそうな屋号って何?

ありきたりの屋号。

〇〇司法書士事務所

名字+歯科

〇〇税理士事務所

このような屋号は、単に業種だけを表しています。

つまり何らかの悩みに対応しているかどうか不明ですね。

解決できる・できそうと連想させるには

★〇〇のご相談なら〇〇駅前司法書士事務所

★小児歯科・矯正なら池袋の〇〇〇歯科

★商店の経理事務なら〇〇経理事務所

★最終受付21時の〇〇美容院

★22時まで営業している〇〇ケーキ店

見込み客の不安や悩みなどの訴求する問題点を屋号に取り入れる。

これにより

できることや、提供しているサービス内容がより直接的に伝わり易くなります。

次におこなうことは

これらをホームページに反映させる

悩みや不安などを解消できることをコンテンツとして作成。

解りやすくいえば

見込み客があなたを選択することで得るメリットをコンテンツにする!

まずは早々に屋号を変えましょう♪

タイトルとURLをコピーしました