5分で読める!美容院・サロンの新規集客ポイント

引越し侍

Web集客クリエーターの櫻井知哉です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

美容院・サロンの集客悩んでいませんか?

「集客に悩んでいない美容院などはないよ」という声が聞こえてきそうです。

現在コンビニの数は約6万件に対して、美容室の数はその4倍にあたる24万件とも言われており、毎年1万件が新しく出店しては8,000件が廃業するというデーターがあります。

このようにシビアな状況は続いていき、この激化している状況下で集客し、収益をあげていかなければなりません。

どんな集客が良いのか?合っているのか?わからない

筆者が集客の相談を受ける中で、業種を問わず

どんな集客が良いのか?

どんな集客が合っているのか?

根本的な部分が明確になっていないケースが多いのです。

集客手法は2つのパターンしか存在しない

集客手法には、2つのパターンしかありません。

ずばり

・経費をかけるか

・手間と時間をかけるか

コストをかけていいなら、ホットペッパービューティーや、タウン誌への広告。クーポン誌への掲載、リスティング広告などが選択肢に入ってきます。

お金をかける代わりに、時間と手間を省くということです。

逆に、経費をなるべくかけない方向で進めるなら、チラシの手配りや、ブログなどの自社メディアを使った発信などがメインとなります。

言っておきますが、

「時間も手間も、お金もかけずに集客できる方法はないのか?」

そんな都合のよい集客手段は、存在しませんよ!

仮に、そのような禁断の手法があるがごとく宣伝するコンサルテイングやサービスは信用できないということです。

最低限のコストと手間は必要になるということを肝に銘じてください。

新規集客は自分で発信し集客する

最低限のコストと手間で

自分で情報発信し、集客する

筆者がもっともオススメする集客手段です。

ホットペッパービューティーは使わない

皆さんご存知、ホットペッパービューティーをはじめとする、いわゆる、

集客系サイト」は使わない!

楽天ビューティー、エキテンなどなどありますが。

理由としては、

費用が高い、というより費用をかけないと露出度が低くなります。

また、契約期間も最短で3か月、そして契約期間による割引があるために大半の美容院やサロンなどが半年以上の契約をおこなっています。

さらに、あなたの店舗のある地域により価格が違います。つまり、渋谷や池袋、青山など激戦区になればなるほど料金が高くなります。つまり固定費がかさむことになります。

たしかに、集客率は高く成果はあがりますが

ここが1番の問題点ですが

新規客は増えますがリピート率はあがらない

リピート率があがらない理由

なぜリピート率があがらないのでしょうか。

ホットペッパービューティーなどの情報サイトを利用している人には、絶えず別の美容院やサロンのキャンペーン情報やクーポン情報がメール配信されてきます。

あなたのお店のリピーターになるような情報は配信されません。そもそも、これら情報系サイトのユーザーは情報サイトの顧客なのです。ユーザーがあなたのお店のリピーターになったら困るのです。お店から掲載料を取り、サイトの会員が訪れる、メール広告など打つなどのビジネススキームですから。

ホットペッパービューティーなどが悪いということではありません。利用するなら運営側のビジネススキームを考えたうえで、いかに自分の店舗のリピーターにするかを考える必要があります。

クーポンや割引などで釣った新規客は、

料金で他店に釣られていきます!

美容院・サロンが提供すべき情報

美容院やサロンがホームページにおいて、特に新規客を獲得するために必要な提供すべき情報や機能は何かを考えていきます。

提供すべき情報・機能

☆お知らせ

☆フォトアルバム

☆メニュー

☆カレンダー

☆クーポン

☆求人ページ

☆スタッフ紹介

☆店舗マップ

☆☆予約管理

☆☆メールマガジン発行

情報提供すべき項目は、上記にあげた☆印が必要です。そして必要な機能としては、☆☆の予約管理とメール発行システムです。これらがあれば新規客獲得からリピーター確保のための環境が揃います。

また、お知らせ、フォトアルバム、メニュー、カレンダー、クーポン、求人ページ、スタッフ紹介には簡単に更新できる機能が必要となりますが、WordPressでホームページを構築すれば実現できます。

ここで聞こえる声は

そんなホームページ作れるわけがない!

時間も費用も最低限で作りたいというひとは、ホームページ作成サービスの利用をオススメします。

グーペというサービスがあり、美容院やサロンなど個人で営業している方には最適だと思います。

もちろん、上記にあげた機能が実装できます。管理画面からイメージ画像を選んだり、クーポン情報を更新したり、メニューを変更したりなど店舗のためのサービスだと言えます。

グーペを見てみる

絶対ほしい予約機能

昔は予約と言えば電話ですね。

最近は、ウェブ経由で済むなら、なんでもちゃちゃっと終わらせたいです。

予約システムがあれば、予約専用の人員も削減できます。

休日や営業時間外の予約も受け付けられるので客を逃がしません!

忙しい美容院やサロンでは、人的ミスの最たるダブルブッキングや予約日時の間違いなどはわりと頻繁に起こります。

予約システムを機械化できたら人的ミスは防げます。

なんと

機能制限はあるものの

無料で使い続けられる予約システムがあるのです!

既存のあなたのサイトからでもリンクすれば予約システムが実装できます。

対象となるサービスも歯科医院やクリニック、美容院・サロンはもちろんペンションや民泊など180業種に対応した予約フォームが用意されています。

無料で使える予約システム「RESERVA」を見てみる

アクセスマップは絶対必須

アクセスマップがなければ、あなたのお店に辿りつくことはできません。

住所だけでは、きてくれませんよ。

イラストレーターなどのプロに依頼するという手もありますが、なるべくお金をかけたくないというニーズに合わせて次の方法をお伝えします。

Google マイビジネスの利用です!

3つのステップでお店の情報を Google 検索や Google マップ、Google+ に無料で掲載できる無料のサービスです。

Googleマイビジネスを見てみる

お店の看板である独自ドメイン

当ブログで当初より言っていることですが、ビジネスにおいてホームページ展開する場合、必ず必要になるのが独自ドメインです。

ドメインはホームページのアドレスのことです。

ホームページのデータをレンタルサーバーというところに置くと一般の人からドメイン経由でホームページを見てもらえます。

独自ドメインは有料ですが、レンタルサーバーやレンタルホームページの業者を変えても、アドレスは変わらなくてすみます。

HPのアドレスは美容室のショップカードにも入れますよね。

つまりインターネット上の看板にもなるわけです。

まとめ

当ブログでは、WordPressによるホームページ構築を推奨しています。

まったく知識のないひとには、敷居が高いと思いますが、少し勉強すれば、今回のテーマである各種情報提供のための環境は実装できてしまいます。また、費用軽減という点では、抜群のコストパフォーマンスです。

そうは言ってもというひとは、前述しましたホームページ作成サービスの利用が最適です。

グーペというサービスでも独自ドメインの導入はできます。

無料でお試しもできますので、一度使ってみたらいかがでしょうか♪

グーペを無料で試してみる!

>>次のページは
ココナラ ノウハウ系キャッチコピーが笑える

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SoftBank
SoftBank Air
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告