集客のためのSEOを意識したブログの書き方

集客するための準備
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SEOを意識して文章を書く

ユーザーにもクローラーにも解りやすく

SEOを意識するあまり不自然な文章になったり、テキスト量は多いけどユーザーに伝わりにくいページになってるのはNG。

重要なことは

「ユーザーのためになること」。

これを意識してください。

その上でクローラーの特徴を理解し、SEOを意識した文章の書き方を行いましょう。

テキストの位置によって重要度が違う

ブログなど記事を書く場合、重視される順番は、おおよそ以下のようになります。よりクローラーに重視される部分にキーワードを含めることで上位表示可能性を高められます。

クローラーはすべてのテキストデータを平等に扱わない
【ページ内で重要な要素は】
記事のタイトル

見出し(h〇)

本文

※もっともSEO的に重要なのはタイトルです

記事のタイトル

SEOを考える場合、もっとも重要なのはタイトルです。

タイトルに上位表示させたいキーワードを入れる

上位表示を狙っているキーワードをページのタイトルに必ず含めるようにする。

例:「夏休み ハワイ旅行 格安」で上位表示を狙っている場合

狙っているキーワードはタイトルの前、さらにタイトル全体も短いほうが、特定のキーワードに対する効果は高くなる。

例:タイトル「夏休みにハワイ旅行を格安で楽しむ」

タイトルの文字数は30文字前後

検索結果画面で表示されるタイトル文字数の目安はPCの場合で30文字程度。モバイルを意識してもこのぐらいが丁度いいです。

見出しはどうする

hタグは正しく使う

hタグは文章の構造をクローラーに伝えるのに役立ちますが、一般的にh1=大見出し、h2=中見出し、h3=小見出し、という構造になっているので、順番を守って規則的に使ってください。

例:「夏休み ハワイ旅行 格安」で上位表示を狙っている場合

<h1>夏休みにハワイ旅行を格安で楽しむ</h1>記事タイトル

<h2>夏休みでも格安でハワイを満喫できる</h2>

<h3>格安でハワイに行ける旅行会社</h3>

<h4>夏休みのハワイならではオプションは?</h4>

基本的にh1タグは1ページあたり1つで、メインコンテンツの見出しはh2から始めるのがセオリーです。クローラーに文章構造を伝えるために基本を守った方法で構成を考えてください。

見出しの中にも狙うキーワードを入れる

見出しはページの中でも重要視されている部分なので、上位表示を狙っているキーワードや関連性の高いキーワードを入れておく

だからといって文章が不自然では読み手に伝わりませんので注意してください。

段落の前半にキーワードを

文章の書き方でも注意が必要。

見出しの次の文章は、先に重要なキーワードを入れたほうが良いとされています。そのため検索キーワードを意識した文章構成を考えて組み立ててください。重要なキーワードを記述することで見出しと文章の関連性が協調されるのでクローラーに拾われやすくなります。

キーワードのゆれを意識する

ネットユーザーが使う検索キーワードは多岐にわたります。

すべて網羅することはできませんが、同じ意味の単語をいくつか使うことでロングテールでの上位表示が狙えます。

例えば先ほどの「夏休み ハワイ旅行 格安」というキーワードであれば、「夏季休暇」「ハワイでダイビング」「お盆休み」「夏 海外ツアー」などの代替え語句が浮かんでくるのではないでしょうか。

まとめ

コンテンツ全体に言えることですが、検索するひとの疑問に答える形式に記事を構成することを心掛けてください。

なぜならインターネットの利用目的は

「疑問を解決する」

「情報を得たい」

解らないから検索するひとが大半だからです。

検索したひとのニーズに応えるコンテンツが1番です

 

タイトルとURLをコピーしました