サイトの待機時間を左右するフォントカラー

引越し侍

Web集客クリエーターの櫻井知哉です。
めっきとりと朝晩寒くなりました。
マスク、手洗いは必須です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

文字の色が待機時間を左右する?

大半のサイトの文字の色は「黒」です。

「青がいいのか 緑 赤?」

という話ではありません。

長くサイトに留まって つまりいろいろな記事も読んでもらいたいわけですね。

テキスト量の多いサイトでは、黒文字、背景色白系だとコントラストが強く目が疲れます。

目が疲れると人間、文字を読むのが嫌になり、サイトから離れるという結果になるのです。

これは研究結果からも実証されている結果だそうです。

何色がいいのか

大手サイトを調べてみると。。。。

やはり「黒」ではありませんでした!

YAHOOは#333333

Amazonの場合は、ベースの文字色は「#111111」と黒に近いですが、「商品の説明」の部分は「#333333」でした。楽天のトップページも「#333333」です。

さすが大手サイトは、訪問者の目が疲れないように配慮されています。

どうやら#333333が一般的に見やすい色だと言えますね

#333333にしてみよう

いいものはマネしましょう!

なんといってもサイト訪問者がすぐに離れるか、じっくり読んでくれるか!ですからね。

スタイルシートに以下の記述とします。

/* 文字の色変更 */
#the-content p {
color: #333;
}

追記するとしたら行間や改行スペースを調整するといったことです。

>>次のページは

無料で使える高機能検索順位チエックツール

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SoftBank
SoftBank Air
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告