集客に強いを意識するレンタルサーバー選びのポイント

引越し侍

こんにちは。Web集客クリエーターの櫻井知哉です。

503エラーがでにくいサーバーを選ぶ

503エラーとは、「サーバーへの同時アクセス数の制限を超えているため、訪問者の閲覧を制限している」状態のことです。このエラーが出ると、サイトが一時的に見られなくなります。

そして、この503エラーが出やすいかどうかは、サーバー会社ごとに異なり、1台のサーバーにたくさんのユーザーを格納している安いサーバーほど、503エラーが出やすい傾向にあります。最初から費用のかかるサーバーは選べないと思いますが、「安さ」だけでレンタルサーバーを選ぶことは避けたほうがいいです。

ではなぜ503エラーがでるのか?

レンタルサーバーが「同時アクセス数」を制限しているためです。同時アクセス数の制限を設定しているかというと、サーバーへ急激な負荷がかからないようにするためで、サーバーに急激な負荷がかかると、サーバーの処理速度が落ち、安定稼働ができなくなります。サーバー会社各社は一台のサーバーを複数のユーザーで使っている「共用サーバー」において、同時アクセス数の制限を厳しく設定してます。もし、一部のユーザーのサイトに急激なアクセスがあると、サーバー全体の処理速度が落ち、同じサーバーを使っているほかのユーザーに影響が出てしまいます。その為に、あえて同時アクセス数の制限を厳しくかけているわけです。

ポイントとしては

安さだけを強みにしている共用サーバーを選ばない

共用サーバーではなく「専用サーバー」を検討する

特に安さだけを売りにしているレンタルサーバーはさけたいですね。

WordPressを使うなら環境は、もっと重要になります

様々な利用用途の応用が効くWordPressですが、コンテンツの増加やプラグインの関係などで動きが鈍くなります。この時、左右するのがサーバーのスペックです。WordPressでのサイトを構築する場合は、安いを売りのレンタルサーバーは絶対に避けるべきです。あとからサーバーを変えるのは結構手間がかかります。また、どのプラグインが負荷をかけているか調べるプラグインもあります。WordPressのカテゴリーで後述したいと思いますが、P3 (Plugin Performance Profiler)というプラグインがおすすめです。特にいろいろなプラグインを入れている方は、調べてみましょう。WordPressのプラグインは、用途に合わせた最低限の利用が鉄則です。

>>次のページは
ネットで集客するための環境を考える

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告