Amazonで輸入・輸出を成功させる秘訣を知れば自宅で稼げる

転売ビジネス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazonで輸入・輸出を成功させる秘訣

Amazonで輸入商品で稼ぐ

輸入・輸出におけるビジネスの共通点は

「安く買って高く売る」=価格差

「売れている商品の把握」=需要のある商品データ

この2つに大別できます。

価格差というのは、Amazonの輸入においては日本Amazonと各国Amazonの価格差になります。そしてAmazon仕入れのAmazon販売では、価格差がなければ当然、赤字になり、反対に価格差が大きければ、手元に残る利益も大きくなります。

そして売れるかどうかを知るには過去に売れていたという実績を示すデータがやはり必要となるわけです。

Amazonのランキングデータだけでは実際の状況をつかむことができず仕入れたのに売れないというケースがあります。

つまり、ある商品が売れているかどうかは継続してモニターしない限り把握することができないのです。

Amazonでは全く知らないアイテムがばんばん売れ、逆に知っている輸入ブランド商品でも全然売れていない型番が山ほど存在しています。そのようなマーケットでは、わずかな知識などは何の役にも立ちません。

頼るべきものは確かなデータしかありません!

商品データの調べ方

日本のAmazonでキーワード“並行輸入”で検索。

出てきた輸入品を1つずつ、Chrome拡張機能『世界価格比較ツール』などを使用して価格差を調べる。

価格差のあるものが見つかったら、ASINコードというユニークなIDがページ下のほうに書いてあるのでこれをコピー。

モノレート
https://mnrate.com/
というサイトの検索窓に貼り付けて、売れ行きをチェック。

Amazonではある商品が売れるとランキングが上昇する仕組みになっています。モノレートのランキング推移のグラフで売れ行きが把握できるようになっています。

売れ筋がポンポン見つかればいいのですが、次の図のように日本AMAZON以外のデータが出てこない場合や価格差があってもモノレートで調べてみると、変動していなかったり。これは売れていないということです。

また、ランキングデータが取れない場合もあり

価格差がある

売れている

この2つを把握するのは大変な作業です。

輸入商材を簡単に見つけられるツール

調査を簡素化できるツールはないものか。

調べてみると存在するんですね。

輸入で稼げそうな商品が、ログインするだけで売れている順に勝手に表示され、スクロールするごとに次々と表示されます!

このツールではASINごとの詳細情報と日々のランキングと価格の推移をサーバーにストックされており、価格差があり」かつ「売れている」商品を高速に表示できる優れものです

Amazon輸入のリサーチを高速化

リサーチツール詳細はコチラ

Amazonで輸出商品で稼ぐ

Amazonで輸出勝機をつかむ

日本製品が優れていることは世界が認める事実です。

でも輸入同様

何を売ったらいいかわからない

売れるかどうかわからない

解決する手立てがあったらと思いませんか?

その前に輸出のおいしさを見ていきましょう。

アメリカのネット通販規模は日本の4倍

日本の人口1.2億人に対してアメリカの人口は3.2億人。

人口比では2.5倍なのに、EC市場の規模は実に4.3倍!

Amazonの地域別の売上高を比較すると

日本の79億1200万ドルに対して、

北米市場では554億6900万ドル!

日本の7倍もの売上規模です

Amazon輸出を勧める理由

短期間で売れるシステムが凄い。

楽天など他のショッピングサイトでの出店には開店するまでショップの構築に時間もかかりHTMLなどの専門スキルも必要。

オープンまでに少なくとも1ヶ月はかかる上に、オープンできたとしても売れる保証はなく、さらに広告費を払わないと商品の露出が少ない。

またAmazonではヤフオクのように売れた後にいちいちお客さんとやり取りすることもなく、非常に作業効率の良い販売システムになっています。

副業として、あるいは家事の合間に、短時間の作業で大きく稼げるプラットフォームはAmazonだけ

では何を売ればいいんだ!

ですです!

Amazon輸出で儲かることは分かるのですが、

ほとんどの人が

何を売ったらよいのか分からない

というリサーチの部分で行き詰まります。

輸出商品の調べ方

基本的なのは、”japan import”というキーワードでAmazon.comを検索する方法です。

出てきた商品のASINを、”タケワリ”という無料ツール

Takewari

検索すると

価格差があるかどうかが分かります。

Amazon.comで「日本との価格差」がUS Amazonの販売手数料とアメリカまでの送料より大きければ、その残りが利益となります

利益計算はFBA※1を利用するかどうかで変わりますが、FBAを使って先に仕入れる場合には価格差があるだけでは不安です。

この商品がどのくらい売れるのか?調べておく必要があります。

※1 FBAとはFullfilment by amazon の略で、売り手が出品したい商品を事前にAmazonの倉庫にまとめて納品しておくと、Amazonで売れた場合にAmazonが代行発送してくれるサービスです。

適切な輸出商材を見つけてくれるツール

これもやはり便利なツールが存在しました。

提供者は先ほどの輸入商材を見つけるツールと同じです。

輸出リサーチツール

輸出リサーチツール詳細はコチラ

まとめ

いかがでしょうか?

このツールを使用することで今まであきらめていたAmazonという巨大マーケットで収益をあげることが可能となります。

雇用問題、低賃金がつづく中、少しでも収入をあげたい。

自分で稼ぎたい。と思うひと必見のツールかと思います。

Amazon輸入のリサーチを高速化

輸入リサーチツール詳細はコチラ

Amazon輸出リサーチツール

輸出リサーチツール詳細はコチラ

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました