【2018年度版】初心者がアドセンスで稼ぐ方法

初心者がアドセンスで稼ぐ

スポンサーリンク

アドセンスは初心者でも稼げるのか?

Web集客クリエーターの櫻井知哉です。
今回は、「初心者でもアドセンスで稼ぐ方法」と銘打って記事を掲載します。

アドセンスは、Googleの広告クリック型アフィリエイトプログラムです。サイトの審査が通れば広告をサイトに張り、クリックされれば報酬になる簡単な仕組みです。

稼げるという話は耳にするが

「アドセンス 稼ぐ」などのキーワードを入れると多くのユニークなタイトルの検索結果を見ることができます。「アドセンスで月額50万円」「初心者がアドセンスで月5万円」あるいは「アドセンスは稼げない」といった具合に多種多様です。一言で言えば稼げるようになるには努力と時間が必要だと実感しています。これに関しては、のちに説明します。

アドセンスは管理の手間がいらない

アドセンスとA8などのアフィリエイトでは何が違うのでしょう。
報酬形態は別にして、最大の違いは、広告の管理です。A8や楽天などのアフィリエイト経験のある人ならお解かりだと思うのですが、自分のサイトや記事テーマに合わせた広告を探し、広告コードを張る。そして1番ネックなのが、広告出稿者が広告を廃止した時の手間が大変。廃止された広告を削除するという手間が発生します。1つのブログやサイトなら簡単ですが、数十個単位でブログを作成している人は多いのでは。アドセンスであればそのような手間は一切なく、記事などに合わせた広告が表示されるのです。当サイトにもアドセンスを張ってますが、もちろん手間いらずです。

簡単に稼げると思うから稼げない

アフィリエイトで簡単に稼げるというのは、筆者は疑問に感じます。もちろん「費用をかけない!」というのが前提です。例えば、Aという商品をアフィリエイトして集客する場合に用いられる手法としてGoogle広告を出してアクセスを集め、商品に誘導する。自分がかける費用により露出度が違いますがサイトへの誘導は楽でしょう。但し、アフィリエイトする商品によっては、禁止されている場合があります。

費用をかけない場合は、それなりの記事数が必要になります。また、検索されているキーワードで攻めるというのも要素の1つです。検索されないキーワードでいくら記事を書いても見る人がいないという状態になります。記事数もそうですが、記事が多ければ良いというわけではなく、平均1000文字程度の文章量が必要ではないでしょうか。よく言われるのが、まずは100記事。内容によるので100記事なくてはダメということではありません。また毎日更新する必要があるかと言えばそうではありません。しかし定期的な記事投稿は必要です。

お解かりになったかと思いますが、労力と時間が必要だということです。情報商材にありがちな「速攻アドセンスで月額50万円」などというセールスコピーを真に受けた人は、ほとんど挫折します。気長に趣味のブログでも書くかぐらいのほうが長続きします。

アドセンスで副業する

初心者でもアドセンスで稼ぐ方法

テーマをしっかり決める

トレンドアフィリエイトなら雑記ブログでもいいと思うところもありますが、ここはやはりブログ(サイト)の「何のジャンルで攻めるか」を決めたいです。かといってダイエットネタでダイエットという単一キーワードで攻めるのは得策ではありません。ダイエットと言ってもジャンルは無数にあるばかりかビックキーワードで記事を書いても上位表示は非常にむずかしいからです。複合キーワードで攻める「ダイエット+リバウンド」などです。この複合キーワードを決めるには、サジェストツールの使用が簡単です。

サジェストツールとは、検索結果の下に表示される関連語句を簡単に探せるツールです。
関連キーワード取得ツール

キーワードツール

悩みネタに焦点を絞る

どんなジャンルでも「悩みごとは存在します」。そして誰しも検索する目的は、情報を得る。つまり悩みや疑問点、解決方法を探すために検索すると言っても過言ではありません。

ダイエットの悩みは何でしょう。
ウエストを細くしたい、ふくらはぎを細くしたい、あごの下をスッキリさせたい、二の腕を細くしたい、部位だけの悩みだけでもこれだけ簡単に出てきます。そのほかでは、ダイエットによるリバウンド、効果があらわれないなど多くのキーワードがあります。

アクセスを延ばすために300記事を目指す

テーマを絞り込んだら、悩みを解消できる記事をひたすら書きましょう!

書く!書く!書く!ここが大事なんです。継続は力なり!

100記事といいましたが、あくまで最低ライン、コンテンツの質にも差があります。アクセスをより一層延ばすためには、300記事へと目標をアップさせましょう。アクセスは必ず延びてきますよ!

1記事あたり6PV/日あれば、「300記事×6PV×31日=月間約5.6万PV」になります。
100記事、200記事書いたら、ある程度アクセスを集めてくれる主力記事が出てくるものです。そこからさらに関連記事を書いていけば効率良くPV数を増やすことが可能となります。

アドセンスの広告位置を効果的にする

アドセンスの広告を効果的にクリックしてもらうために配置に気を使いましょう。
具体的には

◆記事上

広告サイズは、「テキスト広告とディスプレイ広告のレクタングル大:336×280/レクタングル中:300×250」。「リンク広告」がベストです。

◆記事中

広告サイズは、「テキスト広告とディスプレイ広告のレクタングル大:336×280/レクタングル中:300×250」、もしくは「記事内広告」がベストです。

◆記事下

リンク広告」がベストです。

アドセンスに詳しい人なら、「やはり王道な配置なんだな。」と感じるかと思います。

実際に上記表の「記事上」「記事中」「記事下」の配置は特に強く、収益効果が高いです。
つまり、アドセンスは「視認率が高いほど効果も高い」ということが言えます。

広告の使い分け

アドセンス広告の種類

①テキスト広告とディスプレイ広告
テキスト広告とディスプレイ広告は、テキストのみかイメージ画像のいずれかが表示されるバナー広告です。サイズが固定のレクタングル(336✕280、300✕250)、ビックバナー(720✕90)、モバイルバナー(320✕50、320✕100)、ラージスカイスクレイパー(300✕600)などの他に、画面サイズに応じて自動的に表示サイズを変えるレスポンシブなど、たくさんのサイズがあります。

②インフィールド広告
インフィールド広告は、Googleアドセンス側で、ブログTOPなどの記事一覧ページを解析して、自動的に合うようなサイズの広告を表示してくれるものです。

③関連コンテンツ
新規の広告タイプ「関連コンテンツ」は、「選ばれし者」しか表示できない広告タイプでしたが、現在は、ある程度の記事数とアクセスがあれば配置することができるようになっています。「関連コンテンツ」は、自分のブログの関連記事を表示している中に、自然に広告を紛れ込ませるように配置してくれるありがたいものです。

④記事内広告
記事の中に溶け込むように広告が配置できる記事内広告です。記事内のおすすめリンクのように見えるデザインのため、自然に読者がクリックしてくれます。これもありがたい広告タイプです。

⑤リンク広告
リンクユニットは、テキストのみで設置できる広告ユニットの1つです。

効果のあるリンク広告

以外に地味な存在なリンクユニットですが、何と他の広告タイプに比べるとクリック率が大幅に違います。どのような違いがあるのか解説します。

  • 広告を2回クリックされて初めて収益が発生する
  • クリックのミスが減るので広告単価が向上する
  • ユーザーにマッチング率の高いテキストが表示される

サイト構築はWordPressがベスト

ワードプレスがベストな理由

WordPressはブログやホームページを作るCMSです。
無料提供されており、ホームページ運営初心者でも使いやすく、高機能なホームページを作成することが出来ます。また、大概のレンタルサーバーでは、簡単にワードプレスをインストールできる機能を備えたものが多く見られるようになりました。

上げればたくさんのメリットがありますが、特筆すべきは以下の4点かと思います。
・サイト構築が簡単
htmlやCSSの知識がなくても、ブログ感覚で簡単にページの作成や更新を行うことが出来ます。
基本的には「文字入力」と「画像の貼り付け」でホームページを編集することが出来ます。
表の入力や、テキストリンクの貼り付け、文字の装飾など、ワード感覚で記事を作成することが出来ます。

・テーマが豊富
テーマは無料のものから、有料のものまで、国内を問わず海外の人が開発したテーマも膨大な数が紹介されています。

・プラグインが豊富
プラグインはWordPressをより快適に利用するために開発されたカスタマイズ用のプログラムです。
FacebookやTwitterなどで自動で連動させたり、ショッピングカートを簡単に実装できたりホームページのニーズに合わせて色々とカスタマイズすることが出来ます。プラグインの設定はほとんど、クリックだけの操作で簡単に設定することが出来ます。

・SEO対策も万全
SEO対策に必要なタイトルやディスクリプションを入力する部分が明確になっており、しっかりとSEO対策をすることが出来ます。「優良なコンテンツ作り」を心掛ければ、SEO対策に気を使う必要はないでしょう。

オススメのテーマはこれで決まり

ワードプレスのテーマは、有料・無料問わず非常に優れたものが多く存在し、迷うばかりです。今回は、デザインもきれいで、アドセンスを張るのに簡単な機能を備えたテーマをオススメします。

オススメするテーマは、無料と思えない「ライオン ブログ(Lion blog)というテーマです。
Lion Blog

LION BLOGの機能・特徴

以下サイトより一部抜粋します。詳細は、サイトをご覧ください。

◆JavaScript不使用(CSSの非同期読み込み機能を使う場合は、一行だけフッターに記述されます)

◆W3Cの規格に基づくマークアップでエラーなし

◆モダンブラウザに最適化のため、IEは非対応(11は表示されると思う)

◆管理画面の投稿・固定ページのビジュアルエディタは、実際に表示されるデザインとほぼ同じ

◆管理画面の投稿一覧に、閲覧数とサムネイル画像を表示

◆管理画面の投稿一覧は、閲覧数で並び替え可能

◆管理画面からテーマの更新が可能

◆簡易お問い合わせページが標準で備わっている

◆パンくずリストと投稿記事は構造化データを用いたマークアップ済み(schema.org)

◆記事上、記事下用のウィジェットエリアがある

◆関連記事内広告用のウィジェットエリアがある

◆サイドバー固定表示用ウィジェットエリアがある(スクロールに追尾)

◆広告用ウィジェットアイテムがある

まとめ

アフィリエイトで簡単に稼ぐことは幻想です。しかしコツコツと継続すれば、必ず成果につながります。筆者もアフィリエイト用サイトで月額30万円ほどの副業として収益をあげています。近道はありません。この記事をもとに成果が上がるよう努力して頂ければ幸いです。がんばりましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク