ワードプレスのプラグインって何を入れればいいの?

Wordpress
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワードプレスのプラグイン選び

ワードプレスのプラグイン選び、困りませんか?

「ワードプレスのプラグイン」などで検索するとたくさんのページがヒットします。そしてあるのが「プラグインは〇選」「これだけ入れれば安心」などのサイトが多数。

初心者のひとは迷いますね。

一体必要なプラグインとは?

サイトの目的でかわるプラグイン

一言でいえばサイトの目的で必要なプラグインが変わります。

最低限必要とくくるなら

サイトの構成を検索エンジンに知らせるプラグイン。

Google XML Sitemaps

あなたのコンテンツをしっかり検索エンジンに認識してもらうためには、サイトマップは何をおいても必須。しかし、記事の公開や更新に合わせて毎回、このサイトマップを手動で編集してアップロードするのは非常に手間。

そこで、Google XML Sitemaps というプラグインを導入すると、

  • 記事の公開・更新の度にサイトマップを自動生成
  • サイトマップが生成されたら自動で検索エンジンに通知
  • 検索エンジンに認識してほしいページが指定できる
  • 記述内容はGoogleの推奨する内容に沿っている

といったメリットが受けられる優れもの。

設定方法などは多数のサイトで紹介されていますから検索してください。

見出しのように基本は、あなたのサイトがどういう目的で作成されているか。

物販であればカート機能のプラグインが必要でしょうし、ブログであれば投稿するために便利なエディター系のプラグイン、写真をたくさん紹介するサイトであれば写真を管理するプラグイン。

星の数ほどといっても過言ではない位、ワードプレスのプラグインは世界中で公開されています。

セキュリティのためのプラグイン

最低限という観点から入れておきたいプラグインはこれ。

セキュリティのプラグイン。

ワードプレスの使用率はCMSの中で1番。

となるとハッキングされる可能性も大なわけで狙われます。

どこを狙うかというと狙い場所は様々ですがログインページのURLは周知されていますから、ここがねらい目。

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Pluginは、WordPressにインストールするだけで、セキュリティを向上させることができるセキュリティプラグイン。
管理ページとログインページの保護を中心とした日本語対応のシンプル・簡単プラグインで、以下の攻撃を防げます。

  • 不正ログイン
  • 管理ページ(/wp-admin/)への不正アクセス
  • コメントスパム

有名なプラグインですので解説コンテンツもたくさんあります。

おすすめしたいプラグインです。

必須プラグイン2点

ワードプレスでサイトを作成したら紹介した2点でいいでしょう。

あとは目的に合わせたプラグインを入れていけば。

機能面だけを追いかけるとどんどんプラグインが増えます。

プラグイン同士の干渉のリスクも高まるので必要なものだけ入れる。

ワードプレスは、情報量も多く、切り口ごとにコンテンツが存在しますので都度必要と感じたらプラグインを導入すればいいかと考えます。

タイトルとURLをコピーしました