WordPressにコール・トゥ・アクション機能を追加する方法

引越し侍

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コール・トゥ・アクションとは

Web集客クリエーターの櫻井知哉です。
Web集客に大きく左右する仕組みで「Call To Action」コール・トゥ・アクション。俗にCTAと呼ばれます。

Webサイトにきた訪問者にとってもらいたい行動に誘導することを意味し、多くの場合はボタンやリンクの形で表示されランディングページへと誘導する。

たとえば、資料請求をしてもらうことが目的のサイトであれば、「いますぐ資料請求をする」「無料で3日以内に届く資料を取り寄せる」といったボタンで、ユーザーを資料請求ページへ誘導するのがCTAとなります。

グローバルナビゲーションやサイドバーに「資料請求」というリンクがあったとしても、訪問者はそこに目がいっていない可能性が高いため、コンテンツエリアの下部などに改めてCTAを用意するのが効果的な使い方となります。

WordPressのプラグインで実装

WordPressでは、テーマによってはCTAがはじめから実装されているものもありますが、テーマを替えるのは。。。

プラグインでCTAが使えるようになります。

その名は「WordPress Calls to Action」。

プラグインの新規追加から「WordPress Calls to Action」を検索してインストール。

有効化するとダッシュボードのメニューに「Call to Action」というものが追加されています。押して「Add New」を押して新規作成します。

このプラグインではCTAのタイプ毎にテンプレートが用意されています。
テンプレートを選んだらCTAに名前をつけますが、ここは管理用の名前なので自分が解りやすいものにしましょう。

表記は英語ですが見ればわかると思います。

ページ編集画面下部に「カスタムCSS」という欄があるので、編集することもできます。
他のブログの記事には影響がないのでご安心を。

CTAはショートコードを使うことで、様々な箇所に設置することが出来ます。
筆者の使用しているテーマではウィジェットに「記事下」というものがあるので、そこにウィジェットを配置し実装することができます。

コンテンツマーケティングやメルマガを実践している人なら、ブログからのメルマガ登録率、販売などであれば資料請求や問い合わせ数の向上は最重要課題のはずです。

ぜひこのプラグインを活用してメルマガ読者や購買率アップに役立ててください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SoftBank
SoftBank Air
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告