WordPressの投稿をツィッターに連動させる方法

wordpressの投稿をツィッターに連動させる

スポンサーリンク

wordpressプラグイン WP to Twitterの使い方

Web集客クリエーターの櫻井知哉です。
WordPressの投稿をツィッターに連動させる方法をよく聞かれます。WordPressの投稿記事をツィッターに連動させる方法はいくつかありますが、今回は簡単に連動させることができるプラグインを紹介します。

WP to Twitter

WP to Twitterは記事をTwitterに自動投稿できる、WordPressプラグインです。

作成した記事を新規に公開する際や更新した際に自動でTwitterのつぶやきに投稿できるので便利です。

使用するにはプラグインをインストールするだけでなく、Twitter側のAPIを取得して設定する必要がありますが、一度覚えれば後は簡単です。

設定方法

WP-to-Twitter

インストール手順は割愛します。

  • プラグインを有効化するとメニューに「WP to Twitter」が表示されます。
  • メニューに「WP to Twitter」が表示されます。
  • 「Allow Continue」をクリックして、プラグインの使用を許可します。
  • 「Twitterアプリケーション登録ページ」をクリックして、Twitterのアカウントと連携します。
  • Twitterのアカウントにログインしていない場合は、Access deniedと表示されます。右上の「Sign in」をクリックして、所有するTwitterアカウントにログインしてください。
  • Twitterのアカウントにログインします。
  • Create an applicationの設定ページが表示されます。「Application Details」の各種項目を設定して、WordPressサイトの登録をします。
  • 全ての項目が記入できれば、「Create your Twitter application」をクリックして、次に進みます。
  • メニュー項目の「Keys and Access Tokens」を開きます。
  • 「Application Settings」にある「Consumer Key (API Key)」と「Consumer Secret (API Secret)」はTwitterのAPIキーです。WP to Twitterで使いますのでメモしておきます。
  • 下にスクロールすると「Your Access Token」 の項目があります。「Create my access token」をクリックします。
  • 「Your Access Token」 にTwitterのAccess Tokenが発行されました。こちらも、WP to Twitterで使用するためメモしておきます。
  • メニューの「Primary tabs」を開くと、「Access」の項目があるので、この部分の「Read and Write」にチェックを入れます。
  • WP to Twitterに戻ります。先程メモした4つの項目を記入します。

    API Key
    API Secret
    Access Token
    Access Token Secret
    記入が完了すれば「Twitterとの連携」をクリックします。

  • これでWP to Twitterの設定が完了しました。後は、記事を公開や更新するだけで自動でTwitterに投稿されます。

カスタマイズ

記事の公開時と更新時に自動投稿するか設定

初期設定では、新規記事の公開時にのみTwitterに自動投稿が行われます。もし、記事を更新した際もTwitterに自動投稿したい場合は、以下の項目にチェックを入れます。

初めに、WP to Twitterのメニューにある「Basic Settings」の項目を開きます。

a 投稿 が公開されたらツイート・・新規記事公開時にTwitterに自動送信。
a 投稿 が編集されたらツイート・・記事更新時にTwitterに自動送信。

URLを短縮する方法

Twitterに自動投稿された際に日本語のURLはリンク切れが起こります。

これを防ぐには、パーマリンクが日本語にならないようにすることが大切です。出来ない場合は、URLを自動で短縮することも可能です。

WP to Twitterのメニューにある「Basic Settings」の項目を開きます。

Choose a URL shortenerの項目から、利用したい短縮URLサービスを選択します。

短縮URLを「Bit.ly」にした場合は「URL Shortner」の「短縮URLアカウント設定」 の項目にbit.lyのユーザー名とAPIキーを記入する必要があります。

以下のショートコードを使用すると投稿内容が追加やカスタマイズができます。

#title#: 投稿記事のタイトル
#blog#: WordPressサイトのタイトル
#post#: 投稿記事の抜粋文
#category#: 投稿記事が所属するカテゴリー(複数のカテゴリーがある場合は最初の1つだけ)
#cat_desc#: カテゴリーの説明項目
#date#: 投稿記事の公開日時
#modified#: 投稿が変更された時刻
#url#: 投稿記事のURL
#longurl#: 短縮されていない投稿URL
#author#: 投稿の作成者(@reference形式のtwitterアカウント名、もし設定済みならば投稿者のアカウント名)
#displayname#: 投稿者のアカウント名
#account#: @reference 形式のTwitterアカウント名 (もしくは、個人設定で値があれば投稿者のアカウント名)
#@#: @reference形式のTwitterアカウント名、設定していなければ空白にします。
#tags#: タグをハッシュタグに変更します。
カスタムフィールドを表示するショートコードを作ることもできます。ブラケット2つでカスタムフィールド名を囲むと、そのカスタムフィールドの値がツイートに含まれます。
例: [[custom_field]]

中括弧とカスタムフィールドの名前を使用して、カスタムショートコードを作成し、投稿者のカスタムユーザーメタフィールドにアクセスします。
Example: {{user_meta}}

ハッシュタグの設定も詳細設定からおこなうことができます。

非常に使いやすいプラグインなのでおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク