すぐわかる!他サイトのWordPressテーマ

引越し侍

Web集客クリエーターの櫻井知哉です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

気になるサイトのテーマがすぐわかります

WordPressを使用しているとテーマが気になるようになります。
「WordPressで作成されたサイト」などのワードで検索するとザクザクでてきます。
そして気になるのが、どのテーマを使用しているのか?
少なくとも筆者は気になります。 笑
それでは、テーマをしらべる方法を解説します。

WPSNIFFER

WPSNIFFERは、Google Chromeの拡張プラグインなので、Chromeを普段使用している人限定となりますが、お手軽にワンクリックで調べることができるので重宝します。Chromeをお使いならWPSNIFFERと検索すればインストール画面が表示されますので即利用可能となります。

What WordPress Theme Is That?

使い方は説明するまでもないほどです。
テキスト入力欄にしらべたいサイトのURLを入れて虫眼鏡ボタンをおすだけ!

特筆すべき点は、表示結果の下部に使用しているプラグインまで表示されます。

What WordPress Theme Is That?はコチラ

WordPressかどうかわからないときは

WordPressで作成されたかどうかわからときは。。。
IS IT WordPress?というサイトでしらべることができます。

テキストボックスに、サイトのURLを入力して、
「CLICK TO FIND OUT」ボタンをクリックするだけです。

WordPressのサイトだと、
「Good news everyone,this site is on WordPress」と表示されます。
逆に違うと「Bad news everyone,this site is not using WordPress」と表示されます。

IS IT WordPress?はコチラ

まとめ

以上の方法で他サイトの利用テーマがわかるわけですが、
デザインだけにとらわれてはいけません。
このブログの1番のテーマでもある
集客できるホームページ」を
1番に考えなくてはいけません。
もちろん勉強するうえで、同業種が利用しているテーマはいろいろみる必要はあります。
みることでアイデアが浮かんだり構成のヒントをつかんだりメリットはたくさんあります。

集客できるホームページに必要なWordPressのテーマについては
以下の解説記事をお読みください!

【厳選ベスト1】集客を考えたWordPressテーマ

>>次のページは
効果がすぐでる!検索エンジンに速くインデックスさせるWordPress編

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SoftBank
SoftBank Air
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告