【超簡単】ワードプレス5系のエディターを以前のエディターに戻す方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

使い慣れたクラッシックエディターに!

ワードプレス5系から登場

5系のアップデートから「Gutenberg」(グーテンベルグ)というビジュアルエディタ(編集画面)に変わりました。

以前に比べてかなりビジュアルエディターの見た目と
使い方が変わってしまったので、使いにくく感じている人も多いと思います。

今回は、旧エディタでサクッと更新したい!!

という方に向けて、

新エディタをもとに戻す(クラシックエディターにする)方法

をお伝えしたいと思います。

この作業をすることによって、従来の編集画面での作業が可能になります♪

一番簡単な方法ですよ

「Classic Editor」プラグインをインストールする

管理画面から「プラグイン」→「新規追加」と進みます。

検索窓に「classic editor」と入力。

インストールしたら

続いて「有効化」をクリック。

これでインストール作業は終了で~す。

エディターの切り替え設定

プラグインのアップデートにともなって仕様変更がありました。

切り替えを行う場合は次のように設定します。

ワードプレスの管理画面>「設定」内にある「投稿設定」をクリック。

すべてのユーザーのデフォルト設定」という項目がありますので

ここの「クラッシックエディター」を選択します。

「ユーザーにエディターの切り替えを許可します。」

の設定をすることで、以前のように投稿画面での
エディターの切り替えを行うことができます。

切り替えを使用する場合は「はい」にチェックです。

使いずらと感じたら

この方法でクラッシックエディターに戻せます。

タイトルとURLをコピーしました